胆总管狭窄

注册

 

发新话题 回复该主题

消化器内視鏡年合集下 [复制链接]

1#
北京中科中医院 http://wapyyk.39.net/hospital/89ac7_detail.html

年7月号

特集 表在性十二指腸腫瘍の新展開

●序説 十二指腸の癌?腺腫を診る

[総論]

 ●十二指腸にみられる病変の種類とその頻度

 ●表在性十二指腸病変の病理学的な特徴と遺伝子変化

 ●非乳頭部十二指腸腺腫の自然経過

 ●表在性十二指腸癌におけるSM癌頻度とリンパ節転移率

 ●十二指腸の解剖学的特徴と内視鏡診療を困難にする要因

 ●表在性十二指腸腫瘍に対する治療手技とその選択

[各論]

I.表在性十二指腸腫瘍の診断

 ●スクリーニング内視鏡における十二指腸病変の早期発見と評価

《Note》十二指腸腫瘍における生検の功罪

 ●表在性十二指腸腫瘍の精査内視鏡はどう行うべきか,拡大内視鏡はどこまで有用か?

II.表在性十二指腸腫瘍の低侵襲治療

 ●十二指腸スネア切除の問題点と今後の展望か

《Note》Coldsnarepolypectomyによる家族性大腸ポリポーシスに伴う多発腺腫制御の試み

《Note》UnderwaterEMR(UEMR)のコツ

《Note》十二指腸におけるバイポーラ切除のメリット

 ●十二指腸ESD

《Note》Pocket-creationmethodのコツとメリット

《Note》Waterpressuremethodのコツとメリット

 ●EMR,ESDの術中?術後偶発症─十二指腸ならではの対応─

《Note》偶発症対策としてのENBD+ENPDの意義

 ●術後偶発症予防における術後縫縮の意義

《Note》OTSCを用いた閉鎖法で避けるべきこと

《Note》ポリグリコール酸シート被覆法で避けるべきこと

 ●D-LECSの現状と今後の可能性

 ●表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対する縮小手術の可能性

連載 AI内視鏡の現状

 ●?AI内視鏡の現状」の連載を始めるにあたって

 ●AI内視鏡の基礎知識と胃癌診断への応用実際

年8月号

特集 食道の炎症を視る

巻頭アトラス こんな炎症?潰瘍,診断できますか?

 ●序説

[総論]

 ●食道の炎症性疾患の診断の進め方

 ●食道炎症性疾患の病理

 ●食道の炎症と癌化のメカニズム─Barrett食道癌とアカラシア合併食道癌を中心に─

[各論]

A.逆流性食道炎

 ●逆流性食道炎の内視鏡所見と機能診断

 ●難治性逆流性食道炎の特徴と治療

 ●術後逆流性食道炎

 《関連症例》Zollinger-Ellison症候群に伴う食道炎

B.アレルギー性?自己免疫性

 [Speciallecture]好酸球性食道炎の病態─その概念の変遷と現状─

 ●好酸球性食道炎の診断と治療

 ●全身性強皮症の食道炎─その他の膠原病を含めて─

 ●天疱瘡?類天疱瘡の食道病変

C.感染性

 ●HIV関連食道炎

 ●ヘルペス性食道炎

 ●結核性食道炎

 《関連症例》胃癌術後GERDに併発した食道カンジダ症の1例

D.薬剤性?中毒性?物理的傷害性

 ●薬剤性食道炎

 ●腐食性食道炎

 ●食道熱傷

 ●急性壊死性食道炎(黒色食道)

 ●癌化学療法に伴う食道粘膜傷害/食道炎

 ●放射線食道炎─長期経過まで含めた内視鏡像と病理像─

E.その他?非特異性

 ●IBDに合併した食道潰瘍─Beh?et病を含めて─

 ●GVHDに合併した食道炎

 《関連症例》アカラシアに合併した高度な食道炎

 《関連症例》潰瘍を形成して脱落した食道表在癌の1例

追悼 北島政樹先生の急逝を悼む

連載 AI内視鏡の現状〔第2回〕

 ●AI内視鏡による内視鏡診断支援ソフトウェアEndoBRAIN

年9月号

特集 術後内視鏡診療のすべて

●序説 術後内視鏡の意義と役割

[総論]

 ●図で理解する消化器手術後の再建法

 ●消化器領域におけるfieldcancerization

[各論]

1.消化器手術後の内視鏡検査―サーベイランスと異時性病変の診断―

 ●咽頭?食道術後の内視鏡検査

 ●胃切除後の残胃観察と評価

 《Note》胃切除後の咽頭?食道の内視鏡観察と評価

 《Note》胃切除(LECS含む)後の残胃運動機能障害―内視鏡医の立場から―

 ●大腸腫瘍手術後の内視鏡―内科医の立場から―

 ●炎症性腸疾患手術後の内視鏡検査

 ●遺伝性腫瘍術後の内視鏡サーベイランス

 ●消化管再建術後における超音波内視鏡を用いたスクリーニング検査

2.術後合併症,異時性多発病変,続発病態に対する内視鏡治療

 ●上部消化管手術後吻合部出血?狭窄の内視鏡治療

 ●残胃癌,胃管癌,残食道癌に対する内視鏡治療

 《Note》胃切除後のPEG?JETPEG(PEG-J)?PTEG

 《Note》Roux-en-Y再建後の悪性輸入脚閉塞症に対する内視鏡的ステント治療

 ●大腸癌の周術期内視鏡治療―悪性狭窄,吻合部出血,吻合部狭窄に対する内視鏡治療―

 《Note》消化管術後縫合不全?難治性瘻孔に対する内視鏡治療

 ●術後胆汁瘻?膵瘻に対する経乳頭的内視鏡治療

 ●術後再建腸管における小腸内視鏡による胆膵疾患の治療

 ●肝移植後の胆道合併症に対する内視鏡治療

 《Note》胆道再建後に生じる胆管空腸吻合部静脈瘤の診断?治療

 ●胆膵術後における超音波内視鏡下治療

 ●胆管空腸吻合術後のPTCS治療

 ●術後腹腔内膿瘍に対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージ

 《Note》ダブルバルーン内視鏡下ERCPを成功させるために―内視鏡医と外科医に望むこと―

連載 AI内視鏡の現状〔第3回〕

 ●AI内視鏡による大腸隆起性病変(ポリープ)の発見と診断

年31巻増刊号 消化管感染症のすべ

■序説……岩男 泰

■消化管感染症の病原体検索の基礎知識―遺伝子検査も含めて―……吉川晃司

■消化管感染症の病理診断の基本知識……近藤篤史ほか

■腸管感染症の治療―JAID/JSC感染症治療ガイドを中心に―……大西健児

■免疫不全における消化管感染症……永田尚義ほか

■消化管感染症における内視鏡の感染管理と院内感染対策……赤松泰次ほか

症例アトラス

Ⅰ.口腔―食道

細菌感染症

食道結核……山崎智朗ほか

真菌感染症

口腔内カンジダ症(鵞口瘡)……猪又寛子ほか

食道カンジダ症……有馬美和子ほか

ウイルス感染症

食道単純ヘルペスウイルス感染症―ヘルペス性食道炎―……中沢和之ほか

食道サイトメガロウイルス感染症……小村卓也ほか

ヒトパピローマウイルス関連咽頭癌?食道癌……鈴木悠悟ほか

Ⅱ.胃

細菌感染症

Helicobacterpylori活動性胃炎……山口 隼ほか

HelicobacterpyloriMALTリンパ腫……草野 央ほか

Helicobacterpylori急性感染による急性胃粘膜病変(AGML)……岩本真帆ほか

Helicobacterheilmannii-likeorganism関連胃炎……塚平俊久ほか

Helicobacterheilmannii-likeorganism関連MALTリンパ腫……和田拓也ほか

胃蜂窩織炎……八上佳和ほか

胃梅毒―AGML様病変症例―……新田裕樹ほか

胃結核……武田雄一ほか

寄生虫感染症

胃アニサキス症―標準的症例―……今枝博之ほか

胃アニサキス症―Vanishingtumorを呈した症例―……山田貴教ほか

ウイルス感染症

胃サイトメガロウイルス感染……猪上尚徳ほか

EBウイルス関連胃癌……柳井秀雄ほか

胃Kaposi肉腫―Humanherpesvirus8(HHV-8)感染症―……小野真吾ほか

Ⅲ.十二指腸―小腸

細菌感染症

Whipple病―Tropherymawhipplei感染症―……蔵原晃一ほか

十二指腸非定型抗酸菌症……阿部浩一郎ほか

小腸結核―小腸のみに限局した病変―……鈴木将大ほか

寄生虫感染症

回虫症―カプセル内視鏡―……梅津守一郎ほか

広節裂頭条虫症―カプセル内視鏡―……大森 順ほか

鉤虫症……松尾英城ほか

ランブル鞭毛虫症……田中照久ほか

小腸アニサキス症―カプセル内視鏡,小腸内視鏡―……中堀昌人ほか

糞線虫症……金城福則ほか

ウイルス感染症

サイトメガロウイルス小腸炎……酒井英嗣ほか

Ⅳ.回盲部?大腸?肛門

腸管感染症の鑑別診断の基本……清水誠治ほか

細菌感染症

1.食中毒/急性感染症

カンピロバクター腸炎……河合大介ほか

サルモネラ腸炎……大川清孝ほか

腸チフス?パラチフス……梅田智子ほか

細菌性赤痢……髙橋索真ほか

腸管出血性大腸菌感染症……綱島弘道ほか

エルシニア腸炎……藤浪 斗ほか

腸管放線菌症……三澤将史ほか

エロモナス腸炎……小池 潤ほか

《Note》感染性腸炎後過敏性腸症候群……金澤 素ほか

2.菌交代症関連

Clostridiumdifficile腸炎……小栗典明ほか

《Note》Clostridioides(Clostridium)difficile腸炎の動向……樫田博史

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌性腸炎(MRSA腸炎)……奥山祐右ほか

抗菌薬関連出血性腸炎―Klebsiellaoxytoca関連―……浮村 聡

3.慢性感染症

腸結核―回盲部に輪状潰瘍を呈する典型例―……奧山祐右ほか

腸結核―回盲部以外に不整形潰瘍を呈する非典型例―……迎 美幸ほか

大腸非定型抗酸菌症……先田信哉ほか

腸管スピロヘータ症……竹澤敬人ほか

直腸梅毒……佐藤 健ほか

クラミジア直腸炎……竹内義明ほか

寄生虫感染症

アメーバ性大腸炎……櫻井俊之ほか

クリプトスポリジウム感染症……原 和也ほか

腸管日本住血吸虫症……岩本史光ほか

大腸アニサキス症……古橋広人ほか

鞭虫症……鈴木康平ほか

ウイルス感染症

サイトメガロウイルス腸炎―潰瘍性大腸炎に合併する症例―……松井 啓ほか

サイトメガロウイルス腸炎―健常者に発生する症例―……下立雄一ほか

尖圭コンジローマ―ヒトパピローマウィルス感染症―……小田丈二ほか

扁平上皮内腫瘍―ヒトパピローマウイルス感染症関連―……保田和毅ほか

慢性活動性EBウイルス感染症……上田 渉

単純性ヘルペス腸炎……髙田真理子ほか

大腸Kaposi肉腫―Humanherpesvirus8(HHV-8)感染症―……梅田隆満ほか

■Keywordsindex

■編集後記

年10月号

 ●序説……岩男 泰

[総論]

 ●大腸早期癌(non-LST)の深達度診断……田中寛人ほか

 ●LSTの深達度診断……山田真善ほか

 ●大腸鋸歯状病変と腺腫?早期癌―微小病変の取り扱い―……藤井隆広

 ●内視鏡治療の種類と歴史……岡 志郎ほか

 ●大腸SM癌(T1癌)のリンパ節転移リスク……河内 洋

[各論]

 《Note》Superficiallyserratedadenoma―新たなタイプの鋸歯状病変―……橋本大輝ほか

1.SSA/Pの治療方針

 ●SSA/Pの治療選択は?―Polypectomy/EMR/CSP/ESD―……前畑忠輝ほか

 ●20mm以上(あるいは30mm以上)のSSA/Pは一括切除が必要か?―Yes……吉田直久ほか

 ●20mm以上のSSA/Pは一括切除が必要か?―20mm以上のSSA/Pに対するEPMR―……下田 良ほか

 《Note》SSA/PからSSLへの名称変更―組織診断基準を含めて―……加藤 洋

2.腺腫の治療方針

 ●腺腫の治療選択は?―Polypectomy/EMR/CSP/ESD―……河村卓二ほか

 ●5mm以下の腺腫は切除する必要なし……三澤将史ほか

 ●5mm以下の腺腫は切除を検討すべき……玉井尚人ほか

 ●腺腫でも2cm以上は一括切除が必要か?―Yes……竹澤敬人ほか

 ●腺腫でも2cm以上は一括切除が必要か?―No……小林 望ほか

 ●大腸腫瘍内視鏡切除後の至適サーベイランス間隔について―クリーンコロンは必要か?―……堀田欣一ほか

 〔コラム〕クリーンコロンは要らない……樫田博史

 《Note》UnderwaterEMR……竹内洋司ほか

 《Note》家族性大腸腺腫症に対する大腸ポリープ徹底的摘除の是非と今後……石川秀樹

3.早期癌の治療方針

 ●EMR/ESDの選択方法……光吉優貴ほか

 ●ⅠpはSMを疑ってもまずは内視鏡治療(EMR/ポリペクトミー)で診断的治療を行う……豊嶋直也ほか

 ●リンパ節転移リスクのうち,浸潤距離以外の因子がマイナスであれば,経過観察をすすめる―Yes……鴫田賢次郎ほか

 ●リンパ節転移リスクのうち,浸潤距離以外の因子がマイナスであれば,経過観察をすすめる―No……福永周生ほか

 ●内視鏡的にT1bを疑ってもまずは診断的治療を優先する(Ⅰpを除く)―Yes「一括完全切除可能なら診断的治療を優先する」……吉井新二ほか

 ●内視鏡的にT1bを疑ってもまずは診断的治療を優先する(Ⅰpを除く)―No……福澤誠克

 《Note》ESGEの大腸ポリペクトミー?EMRガイドラインの紹介―特にESDに対する日欧のスタンスの違い―……斎藤 豊ほか

連載 AI内視鏡の現状

 ●AI内視鏡によるHelicobaterpyloriの感染診断……中島寛隆ほか

 ●日本消化器内視鏡学会におけるAIの推進に対する取り組み……斎藤 豊ほか

年11月号

特集 結石除去を極める

[総論]

 ●胆石?膵石の成因と性状

 ●総胆管結石の画像診断と標準的治療戦略

 ●膵石の画像診断と標準的治療戦略

[各論]

I.胆石

 ●胆石除去における乳頭処置(EST,EPBD,EPLBD)と処置の実際

 《Note》Mirizzi症候群に対する内視鏡的アプローチ―合流部胆石を含めて―

 ●除去困難胆石に対する治療戦略


   ―巨大結石の治療(EHL,レーザー砕石,ESWL),胆管ステント,薬物療法―

 《Note》Stent-stone
   ―BillrothⅡ法および空腸間置法―

 ●術後再建腸管症例における結石除去(BE-ERCP)


   ―Roux-en-Y再建症例(乳頭あり症例)―

 ●術後再建腸管例における結石除去(BE-ERCP)―胆管空腸吻合症例―

 ●胆道結石のPTCS治療―コツと偶発症予防や対策―

 《Note》Bouveret症候群

 ●EUS下経胃的胆管アプローチによる結石除去

 ●胆管結石除去時のトラブルシューティング


   ―結石除去の工夫とバスケット嵌頓時の対応について―

 ●胆石に対する外科的治療

 《Note》胆管結石と胆道癌の合併―胆管結石に合併した胆道癌を見落とすな!―

II.膵石

 ●膵石除去における乳頭処置とその実際

 ●除去困難膵石に対する治療戦略

 ●膵石除去時のトラブルシューティング

 ●膵石に対する外科治療

 《Note》膵石と膵癌の合併

連載 AI内視鏡の現状

 ●AMED研究成果報告 JEDProject


   ―日本消化器内視鏡学会多施設内視鏡データベース構築プロジェクトの結果と今後―

 ●人工知能技術を用いた大腸内視鏡検査における病変検出?診断支援―特定臨床研究―

年12月号

特集 臨床医に必要な対策型胃内視鏡検診の知識

 ●序説 胃がん検診の終わりの始まり

[総論]

 ●本邦における胃がんの未来予想図と今後の胃がん検診のあり方

 ●対策型胃がん検診における胃内視鏡検査の導入とH.pylori除菌?胃がん減少時代の胃がん検診

 ●『対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル』を検証する

 ●対策型胃内視鏡検診における内視鏡診断

 《Note》「早期胃がん」の誕生と,その内視鏡診断の歩み

 〔トピックス〕JEDと胃内視鏡検診

 《Note》読影委員会による読影結果に対する法的責任

[各論]

 ●見逃し症例からどう学ぶ

 《Note》安全で見落としのない胃内視鏡検査のための前処置と鎮静薬

 ●胃内視鏡検診における「胃炎の京都分類」の使い方

 《Note》胃内視鏡検診におけるNBIとBLIを用いた観察

 《Note》胃内視鏡検診におけるLCIの有用性について

 ●現感染?既感染?未感染胃がんの年度別発見率からみた


   H.pylori除菌治療の胃内視鏡検診に及ぼす影響

 ●H.pylori未感染時代の内視鏡検査

 ●経鼻内視鏡による胃内視鏡検診のコツ

 《Note》抗血栓薬服用者に対する生検

 《Note》病理医が求める病理診断依頼

 《Note》内視鏡における感染対策

 ●東京都における胃内視鏡検診導入にあたって

 ●精度管理向上に向けた水戸市の取り組み

 ●山間部を含む地域における対策型胃内視鏡検診の導入―長野県須高地区における試み―…

 ●胃がんリスク層別化を考慮した胃内視鏡検診

 《Note》胃内視鏡検診におけるABCリスク層別化の可能性について

連載 AI内視鏡の現状

 ●AI医療機器の開発と起業までの道のり―多施設研究における課題と今後の展望

 ●AI内視鏡による食道癌の診断

日文原版书籍代购链接

日语书籍●文献●翻译服务链接

金色闪光

每天进步一点点!

分享 转发
TOP
发新话题 回复该主题